中学2年の1年間で身長が10cm伸びました

小学生の時はクラスでも身長の低い方から数えて、だいたい5番目ぐらいまでに入っていました。だいたいスポーツは身長が高い方が有利ですし、身長が高い方が女の子にも、もてます。これは小学生時代にも実感しましたし、中学校に進んでからは、なおさら強く感じる様になりました。やっぱり身長を高くしようと思ったら、牛乳を飲んでカルシウムを摂って、運動をしなければ駄目だと単純に思いました。

9145a137f998c6c8f11f20e28afefda4_m

そこで中学1年間は身長を伸ばす努力など、全くしていませんでしたが、中学2年になって友達から誘われたこともあり、野球部に入ることにしました。もともと運動が得意であるわけでも無いし、野球を本格的にやった経験もありませんでしたが、プロ野球や高校野球をを観るのは好きでした。また当時は「巨人の星」というアニメの影響もあり、野球が上手いということは、少年にとっての憧れだったと思います。
キャッチボールなら経験もありましたし、グローブは持っていました。早朝と放課後に野球の練習を毎日行う生活が始まりました。ごく普通の公立の中学校であったことから、顧問の先生はいても、監督がいるわけではありません。ただ中学3年生の先輩たちが人柄が良い人が多く、下手くそな私でも、高いモチベーションで部活を続けることができました。
毎日牛乳は飲むことは欠かさず、朝練もあって、お昼ご飯のお弁当も、普通の人の1.5倍はあったと思います。そして毎日必ずランニングがありました。その影響でしょうか、中学2年で身長は10cmぐらい伸びて、クラスでも中の上ぐらいの身長になりました。中学3年生になり、先輩たちが卒業してしまうと、野球部の中での微妙な人間関係の変化が現れ、私はあまり部活に出ない幽霊部員になってしまいました。
結局、高校生になっても人並み以上に身長が大きく伸びることはありませんでした。ただあの中学2年生の1年間は、本当に運動に打ち込んだと思います。カルシウム、タンパク質、運動量、タイミングと身長を伸ばすための要素がすべて組み合わさって、あの1年間はぐんぐん身長が伸びました。ただ残念ながら、それほど女の子にもてる様な経験はできませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です