牛乳を飲み続けるのは決して無駄ではない!!

小学生の時は、給食で毎日出てくるパックの牛乳を、余った分も含め最低2本は飲んでいました。多い時は3本飲んでお腹を壊す事もありました。中学時代は、食べて良く寝る事が成長ホルモンが一番出る、身長が伸びる、というのをなにかの雑誌で読み、毎日部活にも出ずに、帰ってきておやつを食べて夕飯まで2?3時間は眠っていました(昼寝ならぬ夕寝?)。カルシウムが骨の成長を促すというのはそのころから知っていたので、とにかく牛乳だけは毎日飲み続けました(コップ一杯?500ミリリットルまで、日によって量は違いましたが)。あと、バスケットボールをすると身長が伸びるという話も良く耳にしたので、休み時間は無駄にバスケットボールをドリブリしたり、ジャンプしたりして過ごしていました、ほんとに効果があったかは不明ですが。高校時代になると、これまでの成果が出たのか、身長が気づけば180センチになっていました。とくに部活をやっていたわけでもなく、スポーツもほとんどダメな私ですが、ここまで伸びたのはやはり牛乳の力が一番大きいのではと今では思います。遺伝なども聞きますが、私の家族、祖父母、父母も160センチ台ですので、あまり関係ないのかと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です